こんなに”楽にダイエット”できる方法、ほかに知ってますか?        
圧力鍋は料理を”簡単に美味しくヘルシーに”仕上げてくれる、魔法のような調理器具。そんな便利な圧力鍋の人気製品をピックアップし、徹底比較! また口コミ情報より各製品を客観的に評価してみます。人気圧力鍋の激安・価格比較検索もこちらでどうぞ。
圧力なべの比較に際しましては、
三大ショッピングサイト  楽天AmazonYahoo!ショッピング
の製品情報・口コミを参考にしました。
価格比較も同じ製品を対象に、3つのサイトから最も安値(激安・格安)の圧力鍋を検索することができます。
圧力鍋について疑問・不安のある方は、まず入門ガイドからご覧ください。

圧力鍋 入門ガイド

圧力鍋で(圧力をかける)調理をする際、入れる食材の量に制限があります。
(通常3分の2程度、豆類だと3分の1程度)
「うちは4人家族なので、4.5L(リットル)サイズで充分...」だと思っても
(加圧調理では)1回に最大3L(リットル)分しか作れないことになります。
【圧力鍋の容量】   【最大調理量】
2.5L(リットル) ⇒  約1.6L(目安)
4.5L(リットル) ⇒  約3.0L
6.0L(リットル) ⇒  約4.0L
ですから、サイズで迷った際は、余裕をみて一つ大きめのサイズを選んだほうが良いでしょう。
購入者の口コミ(感想・レビュー)でも「大きめのサイズを買えばよかった」という声がちらほら聞かれます。
ただし逆に、「大きめのを買ったけど、重くて扱いにくい」という声があることも確か。
しかし、圧力鍋はある程度は重くなきゃいけません。
(軽くて薄っぺらい圧力鍋って、安全面で信頼できますか?)
それに、一つ大きめのサイズにすることで、格段に重くなるってことはあまりありません。
例えば、4.5Lと6Lサイズの鍋の重さは大体200g程度の差です。(圧力鍋の重さ比較 参照)
大は小を兼ねる」・・・基本的にこの判断でOK!だと思います。
※圧力鍋選びでどうしても”重量(軽さ)を優先”したい場合は、ラゴスティーナが比較的軽くておすすめです。
ちなみに、うち(管理人家)は7人家族。4Lと6Lサイズの2台を所有。カレーやシチューなどは6Lサイズ、炊飯と通常のおかず(肉じゃがなど)は4Lサイズ、と使い分けています。
圧力鍋は活用しだすとホントに便利ですから、(必ずといっていいほど)2台めが必要になってきます。例えば炊飯用に1台、煮物・おかず用に1台、というふうに。
個人的には、1台めは大きめサイズ、2台め・セカンド鍋は炊飯用の少し小さめ(浅型)、というのがベストかな、と思っております。
(あ、うちの場合は家族が多いので、もう1台さらに大きめのを検討しています 笑)

≫ 圧力鍋 人気メーカー一覧(比較)

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://simprich.net/cgi/mt/mt-tb.cgi/1013


[PR]  ウォーターサーバー  ルクルーゼ  ストウブ  シラルガン  柳宗理  レシピ